広報部 運営計画

<戻る

令和2年度 広報部 運営計画


1 運営方針

◇各学校,教育関係機関との連携の強化や理解の深化を図るよう,積極的に広報活動を進める。
◇「読まれる」「生かされる」「親しまれる」所報となるよう,創意と工夫を加える。
◇管内の実情に応じ,研究課題の究明に向けた情報の収集と提供に努める。

2 業務内容

ア 所報の発行
○ 目 的
・研究所の業務の紹介
・教育の今日的課題や情報・思潮,現場の優れた実践などの紹介
○ 編集内容
・年間4回の発行(7月中旬,10月下旬,12月中旬,3月中旬)
・各号8ページ立て
・掲載内容
~昨年度の内容を基に,管内教育のニーズに応じたものを掲載する。
       研修講座の内容,共同研究・プロジェクト研究の紹介と実践報告
       研究協力員の実践報告,新任教職員紹介,管内各学校の教育実践紹介 など
イ 研究資料・教育図書の管理
○ 目 的
・管内の各学校や教育関係機関及び全国・全道教育研究所連盟加盟機関より贈呈された研究資料及び教育図書を
 分類整備する。
・資料・図書・教育用ソフトウエアの収集に努めるとともに,紹介や貸し出しを行い,実践の改善に役立てる。
○ 研究資料収集の方法
・「所報」等を通して,管内の各学校や教育関係機関へ贈呈を呼びかける。
○ 分類・整理と紹介の方法
・「教育研究資料分類基準」によって,分類・整理する。
・図書台帳を整備し,随時書棚の整理を行うと共に,教育図書目録の作成に努める。
・「教育研究資料目録」を作成し,管内全学校に配布する。
・「所報」「ホームページ」等を通じて,随時紹介する。
・研修講座開催会場に内容の関連する図書を持ち込み,利用の促進を図る。
○ 閲覧・貸し出しの方法
・火~金:午前9時~午後3時50分(金は午後2時50分)の利用時間に閲覧・貸し出しを行う。
・文書,電話,FAXによる申し込みも受け付け,郵送希望にも応じる。
・貸し出し簿への記入など,所定の手続きを行い,管理をしっかりする。
・貸し出し期間は1ヶ月とする。